ヘッジファンド投資ガイドブック 高橋誠、浅岡泰史著

ヘッジファンド投資ガイドブック 高橋誠、浅岡泰史著

ヘッジファンド活用の企業年金運用が、諸外国に比べて多いのが日本だ。その傾向はリーマンショック後も、それほど変わっていない。「絶対リターンの獲得」と「伝統資産との相関の低さ」という投資家の期待は依然として大きい。

リーマンショックを経て、ヘッジファンドはどう変わったか。ヘッジファンドに何が起こったのか。その人気離散は一時的なものだったと見なしていいのか。そして今後は。そもそもヘッジファンドは性悪ではないのか。そういった基本的な疑問点に答えることで、ヘッジファンドにまつわる誤解や神話を問い直し、その本質をあらためて明らかにする。

世界的に大規模な金融緩和が続く。それは過剰流動性を日ましに大きくしている。欧米当局はそれに対して金融機関規制で臨む。「シャドーバンク」であるヘッジファンドもその枠外にはない。新たな措置の影響を知るうえでも、本書程度の基礎知識は欠かせない。

東洋経済新報社 2940円

    

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。