有料会員限定

国際石油開発帝石の野望 豪州でLNG生産を開始

印刷
A
A

20年もの年月を費やした"悲願"のLNGプロジェクトが、ようやく生産開始へ。その経験を生かし、次なる大規模開発にも挑む。

本誌:大塚隆史
写真:豪北部に建設した巨大LNGプラント(写真)でガスを液化する

豪州で日本企業による大規模な天然ガス生産がまもなく始まる。石油・ガス開発を専業とする国際石油開発帝石(INPEX)が社運を懸けて進める「イクシスLNGプロジェクト」だ。8月中に生産を開始し、9月には日本に向けた第1陣のLNGタンカーが現地を出航する見通しだ。

日本は都市ガスや火力発電の燃料を天然ガスに依存しており、消費量は世界で5番目に多い。しかし、産ガス国とパイプラインで結ばれていないため、気体のときよりも体積が小さく海上輸送に適したLNG(液化天然ガス)にして輸入している。これまでその生産・加工を担っていたのは欧米の石油メジャーや産出国の国営企業だった。今回のイクシスは、日本の石油開発会社による初の大規模LNGプロジェクトである。

総事業は4兆円以上 大半を日本に供給

総投資額は400億ドル(4.4兆円)にも上り、日本企業による資源・エネルギー開発としては過去最大。内容も壮大だ。西豪州の沖合200キロメートルの位置にあるイクシスガス田で天然ガスを生産。それを海底に敷設した全長890キロメートルものパイプラインで豪大陸北端の陸上基地まで移送し、液化プラントでLNGにする。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内