有料会員限定

インバウンドで需要爆発の東京 空前のホテル開業狂騒曲 熱狂の開業ラッシュ ホテル爆増

印刷
A
A

訪日外国人客の増加を追い風に、大都市でのホテル開発が加速している。ただ宿泊に特化した施設に偏っており、過剰供給の懸念も浮上する。

本誌:中島順一郎、富田頌子 データ編集:久野貴也

週刊東洋経済 2018年7/28号
書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

特集「ホテル爆増」の他の記事を読む

インバウンドで需要爆発の東京 空前のホテル開業狂騒曲

日本有数の商業集積地である東京・銀座周辺で、空前のホテル開業ラッシュが巻き起こっている。今年1月、一等地の並木通り沿いに、オリックスが誘致した米ハイアットホテルズ系列の「ハイアット セントリック 銀座 東京」が開業した。2月には大手旅行会社、エイチ・アイ・エスの「変なホテル東京 銀座」がオープン。年末には不動産大手のヒューリックが手掛ける「ザ・ゲートホテル東京」の開業が控えるほか、来年以降の計画も目白押しになっている。

今年1月に開業した「ハイアット セントリック 銀座 東京」(撮影:尾形文繁)

開業ラッシュの背景にあるのは、訪日外国人客(インバウンド)の急増だ。2017年は2869万人と過去最多を更新。東京の外国人延べ宿泊者数は約1900万人泊と5年で2倍になり、ビジネスホテルやシティホテルの客室稼働率は80%超と高水準だ。

また東京都の調査によれば、東京に来た外国人観光客の約半数が銀座を訪れている。その宿泊需要を取り込もうと、多くの企業が雪崩を打って開業しているのだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内