有料会員限定

米国大統領によるイラン政策の変更 イラン政策の行方が北朝鮮政策にも連関

印刷
A
A

日本では北朝鮮問題の報道に隠れて、米国のトランプ大統領がイランについて非常に重大な決断をしたことの意味が過小評価されている。日本の外交、経済に大きな影響を及ぼすこの問題について、筆者の率直な見立てを記すことにする。

5月8日、トランプ氏は2015年に米英仏独ロ中の6カ国とイランが結んだ核合意からの離脱を表明した。同時にこの合意に伴って解除した対イラン制裁を復活させる大統領令に署名した。〈トランプ氏は演説で合意について「中核部分に欠陥がある」と強調。さらに、「米国は核によってゆすられることはない」とした。/(中略)トランプ氏は(1)イランの弾道ミサイル開発規制が含まれていない(2)核開発の制限に期限がある──などを合意の「欠陥」として挙げていた。「修正」の期限を5月12日として、欧州側に対処を求めていた。英仏独が米国と協議を重ね、合意にとどまるように説得していた。〉(5月9日「朝日新聞デジタル」)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内