有料会員限定

世界経済|中国と日本 メガシティの競争が激化 予測16 老いていくアジア

印刷
A
A
イラスト:河南好美

特集「20年後 ニッポンの難題」の他の記事を読む

世界における日本経済の位置づけは、人口動態から見るとどう変わっていくのか。

1995年のピーク時に8726万人だった日本の生産年齢人口(15~64歳)は、2040年に6000万人を割り、65年には4529万人とピーク時から半減する(国立社会保障・人口問題研究所の出生・死亡中位推計)。長期的な経済成長は、資本投入量や技術革新のほか生産年齢人口(労働投入量)に左右される。

PwCの予測によれば、50年の日本のGDP(国内総生産、購買力平価ベース)は、6兆7790億ドルと16年比で37%増の伸びにとどまる。日本はGDPでインドネシアやブラジル、ロシアに追い抜かれ、現在の4位から50年には8位に落ちる見込みだ。人口増の続くインドが米国を抜き、中国、インド、インドネシアとアジアの人口大国が上位を占める。

富士通総研の金堅敏・主席研究員は「移民政策に消極的で国土も限られる日本が人口を維持することは困難。経済規模や国力で競おうとすれば、中国、インド、インドネシアには相対的にかなわない」と、人口要因の重要性を強調する。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
20年後 ニッポンの難題
異色対談 秋元康×松尾豊
予測16 老いていくアジア
予測15 報酬低く、現役世代が敬遠
予測14 静岡の茶葉農家は7割減
「家族はもっとバラバラになる」
少子化対策は本当に効くのか
予測13 2050年の債務残高は500%
予測12 募集対象の高卒男子が少ない
予測11 先生は「テレビ」という教室も
予測10 朽ちるインフラをどう維持?
予測9 15年後の空き家率は3割超
「年齢別選挙区制で世代間格差を正せ」
予測8 進学者数が2割減少
2040年 1都3県人口増減率ランキング
「保育園を作ればいい時代ではなくなる」
「2025年から団塊消費が縮小する」
予測7 出身国との賃金格差が縮小
「明治維新並みの抜本改革を」
「テクノロジーが日本を再興する」
予測6 引退先送りが主流に
予測5 ロボットが介護を効率化
予測4 ビッグデータから信用力を算出
Interview|立正大学教授 吉川 洋
予測3 高齢者増で救急現場に悲鳴
予測2 医療の世代間格差が深刻化
「若者の雇用創出こそが地域力の源泉だ」
「村は消滅しない、人口減は食い止める」
予測1「消滅可能性都市」のいま
衝撃の未来像
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内