アマゾン1強に待った AIが決めるクラウド覇権 マイクロソフトが急成長

印刷
A
A

クラウド事業で急成長が続くマイクロソフトとグーグル。開発競争が激化している。

グーグルが米オクラホマ州に置くデータセンターの内部。膨大な数のサーバーが並ぶ (c)Google

米ライドシェアサービス「ウーバー」の運転手は、乗務を始める前にアプリで顔写真を撮る。すると、アカウントに登録された本人と同一人物かどうかがAI(人工知能)にチェックされ、承認されれば運転を開始できる。

実はこのAI、開発したのはウーバー自身ではない。米IT大手のマイクロソフトが自社のクラウド上に開発したAIシステムだ。

同社のクラウドサービス「アジュール」では、アプリなどの開発者向けに、オープンな機械学習のAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)を提供している。自分のアプリとクラウド上のAIをつなぐ仕組みだ。APIを使えば、画像や音声の認識、翻訳といった機能をアプリに組み込める。

マイクロソフトが展開する顔認識AIはあらかじめ登録した人物の認識のほか、感情や年齢の判別もできる

クラウド売上高が倍増

AIを“民主化”する──。マイクロソフトは今、そんなビジョンを掲げる。誰でも気軽にAIを使えるようにするのが狙いだ。APIはその一例であり、世界中のデータセンターを通して、誰でもこのAIコンピュータにアクセスできる。データの処理量や回数などに応じて課金される。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
「からあげ」業界、激烈なブームの「賞味期限」
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内