有料会員限定

マイクロソフトの蘇生力 再び高まる成長期待

印刷
A
A

創業43年を迎える米マイクロソフト。日進月歩のIT産業ではすでに古株だが、近年また存在感を高めている。何が起こっているのか。

(本誌:杉本りうこ)写真:3代目CEOのサティア・ナデラ氏。哲学を愛するエンジニアだ

産業と社会にイノベーションを起こし、高い企業成長を実現する。そんなエクセレントカンパニーを生み出すことは難しい。もっと難しいのは、旬を過ぎたと思われた企業に、再び輝きを取り戻させることだろう。それを見事に成し遂げているのが、3代目CEO(最高経営責任者)のサティア・ナデラ氏が率いる米マイクロソフトだ。

停滞期を経て高まる成長期待

世界株高が進行した2017年。年末時点の時価総額世界トップ5は、米アップル(8608億ドル)、グーグルの親会社・米アルファベット(7294億ドル)、マイクロソフト(6599億ドル)、米アマゾン(5635億ドル)、米フェイスブック(5127億ドル)だった。

いずれも、IT分野のガリバー企業で、頭文字を取って「GAFAM」と呼ばれる企業群だ。AI(人工知能)やフィンテック、IoT(モノのインターネット)といった先端分野に期待が集まり、00年のITバブル期以来の「テクノロジーの春」を謳歌している。

ITバブル期に世界トップ5に入っていたのは、この5社のうちマイクロソフトただ1社。00年3月末、マイクロソフトは時価総額5530億ドルで世界首位。以下には米シスコシステムズ、米ゼネラル・エレクトリック、米インテル、NTTドコモが続いていたが、これら4社は17年にはトップ10圏外に姿を消している。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内