有料会員限定

この業界は天国か地獄 今は天国が見えてきた Interview|君島達己●任天堂社長

印刷
A
A

社運を懸けた「スイッチ」が好調な滑り出しを見せ、業績の低迷から脱した任天堂。この勢いを加速し、会社を再び成長軌道に乗せることはできるのか──。君島達己社長に聞く。

きみしま・たつみ●1950年生まれ。73年に三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行、2002年に任天堂入社。米国法人会長や経営統括本部長を経て15年から現職。(撮影:梅谷秀司)

特集「任天堂の復活は本物か」の他の記事を読む

──スイッチは、任天堂の据え置きゲーム機ビジネスが危ぶまれる中で発売されました。プレッシャーも大きかったのでは?

重圧はあったが、それは今回に限った話ではない。(3代目社長を務め中興の祖だった)山内溥前相談役からよく、「この業界にあるのは天国と地獄だけ。中間はない」と教えられてきた。新しいゲーム機を発売する時はいつも、本当に売れるのだろうかと心配だ。残念ながら、前機種の「Wii U」が世間にあまり受け入れられなかったのは事実で、次のスイッチではなんとか天国に行きたいという思いが強かった(笑)。

──発売から半年以上を経ても品薄が続く人気ぶりです。

ここまでは期待した以上の売れ行きだ。次は最需要期の年末商戦が大きな勝負どころだが、だんだんと天国に向かっているという実感が湧いている。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
スズキ「納車6ヶ月待ち」国内販売の深刻な事態
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ウマ娘ヒットの裏で「スマホゲーム」が深める苦境
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内