有料会員限定

ETFで資産を着実に殖やす 使いやすさで投信より優位

印刷
A
A

「ETF」という名称で上場投資信託が誕生したのは2001年。16年後の今、東京証券取引所に上場されているETFは、総数で222本に上る。投資商品としてETFの魅力を考えてみると、「自由度が高い」という点に尽きる。

何が自由なのか。大きく2点ある。「商品選択の自由度」「取引の自由度」である。

通常の投資信託は購入手数料や信託報酬(管理手数料)で、購入金額の1~3%を取られることが多い。その点でETFには手数料がほとんどかからない優位性がある。

ただし、最近は通常の投資信託に分類される未上場のインデックスファンド(株価の指数に連動する)で、購入手数料を取らないノーロード型が出てきた。信託報酬もETF並みというタイプが登場しており、コストの安さは魅力ではなくなりつつある。

そうなるとETFの魅力は、「商品選択」「取引」という二つの自由度の高さにあるといえる。

特集「いま買える 株・投信」の他の記事を読む

投資対象がさまざまで自由な商品選択

商品選択の自由度については、投資対象の広さを見れば理解できる。資産クラス別にざっと挙げても、「国内株式」「外国株式」「外国債券」「国内不動産」「外国不動産」「コモディティ」などがある。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内