有料会員限定

「取引先が代金を払ってくれません」 敏腕弁護士の「民法事件簿」

印刷
A
A

ある日、顧問先のA社の社長が深刻な面持ちで私の元に相談に来た。

A社は機械類の組み立て販売を専門とする中小企業で、先代社長が創業して約50年の歴史を誇っている堅実な企業である。現社長は2代目で、40歳代の働き盛りだ。

景気停滞が続くとはいえ、2代目社長はしぶとい経営で何とか業績を維持してきた。

「実は、この件でして……」と言いながら社長がかばんから何かを取り出した。それは「納品書」と書かれた書面であった。内容を見ると、A社がB社に機器15個を代金600万円で約3年前に納品したというものだ(消費税別)。

嫌な予感を覚えながら、「もしかして、B社が代金を支払わないのですか?」と私が尋ねると、A社社長は語気を強めて、こう話し始めた。

「そうなのです! 弊社の納入した製品のうち2個に不具合が見つかったのでほかの製品も信用できない、だから代金は支払わない、ということなのです」

早急に不具合のあった製品を引き取り、新品を納入すると申し出たという。しかし、「B社の社長は、御社の製品はもはや信用できないので新品を納品されても困る、と言い張るばかりなのです。弊社は、父の代から堅実で丁寧な仕事を続けてきた自信があります。2個に不具合があったというのも信じられません」。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
民法大改正&個人情報保護法
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内