『アドラーをじっくり読む』を書いた岸見一郎氏に聞く アドラー心理学は未来を見る個人心理学

印刷
A
A

アルフレッド・アドラー自身の原著に立ち返り、「個人心理学」の誤解を解く。

アドラーをじっくり読む (中公新書ラクレ)
アドラーをじっくり読む (中公新書ラクレ)(中央公論新社/237ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

──それほど誤解だらけなのですか。

共著の『嫌われる勇気』は今月豪州で英語版が出て、日本、韓国、台湾、中国、タイそれに豪州の合計で、刷り部数は420万を超えた。このヒットを受けて、アドラーの関連書が矢継ぎ早に出版されたが、必ずしも原典を読まず、内容をきちんと知らずに書かれた本が少なくない。それを正していきたいとの思いがある。

──主な著作15冊のうち、この本では13冊の内容に触れています。

アドラーは文章を書くことに執着がなく、仲間や患者たちと話すことに関心があって、編集者やライターがまとめた著作が多い。

アドラー心理学は未来を見る個人心理学

──第1章は全体を俯瞰できる『個人心理学講義』です。

彼自身がアドラー心理学と言ったわけではなく、欧米ではアドラー心理学ではなく「個人心理学」の名称表現が一般的だ。

──個人心理学?

個人はアドラー心理学にとって重要なキーワードだ。理性と感情、意識と無意識、精神と身体といった具合に、分割して二元論的に考える心理学が一般的なのに対して、アドラーは個人は分割できないとして、全体としての人間を扱う。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内