有料会員限定

日本株上昇は米国頼み 自動車減益が足かせに

印刷
A
A

企業の業績見通しが冴えない中、市場の様子見ムードが続いている。

トヨタ自動車は2期連続の減益見通しを発表。株価が伸び悩む要因になっている(撮影:尾形文繁)

あと1円51銭届かなかった。4月中旬から切り返した日経平均株価は、5月16日に2万円まであと一歩のところまで迫りながら押し戻された。

日本株市場は、株価の急変動を作り出して利ザヤ稼ぎを狙う海外ヘッジファンドに左右されやすい。3月初旬から4月初旬にかけて大幅下落したのも、その後大きく上昇したのも、海外投資家の大幅な売り越し、買い越しによるものだ。

ただ彼らは「往って来い相場」を演出しただけにすぎない。年初からのパフォーマンスを見ると、日経平均は米S&P500や独DAXの後塵を拝している(図表1)。

[図表1]
拡大する

株価の上値を抑えてしまっている大きな要因は企業業績だ。4月下旬から決算発表シーズンを迎え、企業業績に注目が集まったが、今期の見通しは全体として冴えないものだった。

東洋経済が集計した3月期決算企業全体の今期純利益予想(5月15日までの発表分)は前期比6.2%増。前期実績の11.4%増から鈍化が見込まれる。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内