有料会員限定

東北初、東邦銀行とマネーフォワードが組む意味 北村頭取×辻社長の「フィンテック対談(1)」

印刷
A
A

低金利の長期化や人口減などにより、地方銀行を取り巻く環境が厳しさを増している。一方で監督官庁の金融庁は「横並びで単純な量的拡大競争に集中するような銀行のビジネスモデルは限界に近づいている」と銀行に対し、プレッシャーをかける。 そんな中、銀行にとって活路の一つのなるのが「フィンテック(ファイナンスとテクノロジーを合わせた造語)」だ。地銀の中で先進的な取り組みを行っている福島県の東邦銀行・北村清士頭取と、フィンテックベンチャーとして存在感を高めるマネーフォワード・辻庸介社長兼CEOが、互いの提携の狙いなどについて語った(全2回)。

──地銀をめぐる経営環境は厳しさを増すと思われます。福島県が地盤の東邦銀行は東日本大震災という特殊な事情もあります。東邦銀行の課題について教えてください。

東邦銀行・北村清士頭取(以下、北村) 少子高齢化や人口の県外流出は非常に大きな問題としてとらえています。特に福島県の場合はそれが顕著で、210万人いた県民が東日本大震災の発生もあり、現在190万人まで減っています。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
ロシア発「合板ショック」、住宅価格へも波及する激震
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内