有料会員限定

[INTERVIEW]畑彰之介・カカクコム社長 「新興勢力もグーグルも怖くない」

印刷
A
A
はた・しょうのすけ●1974年生まれ。日本たばこ産業を経て2001年にカカクコム入社。06年取締役、16年6月より現職。(撮影:今井康一)

特集「カカクコム 優良児のつまずき」の他の記事を読む

──ネット業界の中でも、高水準の利益率を維持してきました。

特別なことではないと思っている。ネット企業といっても、いろいろな事業から成り立っているところが多い。うちは手掛ける範囲が(利益率の高い)ネットメディア事業にほぼ収まっている。そういう構造の違いがあるだけだ。

むしろ今後気にしていくべきは利益体質を引き締めることよりも、ある程度の投資をしながら新しい価値を作ること。「価格.com」「食べログ」以外のサイトも増え、あらゆる消費活動をカバーする会社になったが、十分に中身の詰まっていない、改善の余地の大きいサイトもある。

加えて、テクノロジーの発展によって、昔は無理だと思われていたような、まったく新しいサービスを生み出せる可能性も広がってきた。

ネギ1本まで比較する意味

──新しいサービス、具体的には?

僕が入社した頃、「価格.com」にまだデジタル機器くらいしか商材がそろっていない中、創業者が「ネギ1本まで比較できるようにしたい」という話をしていた。当時は「そんなことに意味があるのか」「無理なんじゃないか」との声が上がったが、今ならどうか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内