有料会員限定

攻めと守りの運用法 FPが伝授する

印刷
A
A

年の初めを機に自分に合った資産運用法をあらためて考えてみよう。初級者向けから中上級者向けの内容までをフィナンシャルプランナー(FP)に聞いた。登場するのはリンクマネーコンサルティング代表の高橋忠寛氏、アセット・アドバンテージ代表の山中伸枝氏、家計の見直し相談センター代表の藤川太氏の3人だ。

 

特集「学び直す健康とおカネ」の他の記事を読む

資産運用というと、「いつ、何に投資するのが有利なのか」ということばかりを聞きたがる人が多い。だが、資産運用では長期的な視点に立って、自分が今保有している資産をいかに着実に殖やしていくか、を大事にすべきだ。そのためには、アセットアロケーションを重視した戦略を練る必要がある。

アセットアロケーションとは、運用資産全体を、どのような資産に、どれくらいの割合で配分するかを決めることだ。次のようなステップで考えてみよう。まず預貯金などすぐに現金化できる資産と、株式などの運用資産に回せる資金の配分を決める。預貯金などは、上場企業勤務で失業リスクも低い人なら、月給の半年分もあれば最低限足りるだろう。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内