有料会員限定

誰がポピュリズムを止めるのか 国民を説得する努力を怠る政治家たち

印刷
A
A

英国のEU(欧州連合)離脱は、地域統合による政治・経済の安定を目指してきた戦後世界にとって、大きな節目となるだろう。

底流には、移民受け入れへの抵抗感や市場開放への反発といった意見に便乗する政治的ポピュリズム(人気取り)が見て取れる。米国大統領選挙で共和党候補となるのが確実なトランプ氏にも通じる傾向だ。日本でも、国民の嫌がる消費増税を先送りして選挙を有利に戦おうというポピュリズムが勢いを増している。このポピュリズムの流れは止まるのか、そして、止めるのは誰なのか。

英国の国民投票でEU離脱派が多数を占めた理由は、1.経済が低迷する中、東欧などからの移民に雇用を奪われた人々の不満、2.グローバル化で首都ロンドンが繁栄する一方で、地方は疲弊していることへの反発、3.ブリュッセルのEU官僚たちが進める経済統合に対する不信感──といったところだ。多くの有権者は理念先行のグローバル化に疑念を抱き、日常の暮らしを脅かす動きに反発を強めたのである。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内