有料会員限定

「地域」と「国際」を融合 地域貢献 福井大学/岐阜大学

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

文部科学省が打ち出した、いわゆる国立大学の3類型の中で、最も手を挙げた大学が多かったのが地域貢献型。88ある国立大学のうち55大学が、地域活性化の拠点となり、地域に貢献する人材を育成することを自らのミッションとした。

文系学部の組織見直しを大学に促す文科省の方針を背景に、教員養成学部を再編して、地域創生関連の新学部を設置する大学も出てきている。福井大学はその典型例だ。今年4月、教員養成を目的としない地域文化・地域社会課程を含んでいた「教育地域学部」を改組。教員養成課程を「教育学部」に、その他課程を「国際地域学部」として新設した。

地域創生に不可欠のグローバルな視点

「学部設立に至った理由は地元のニーズに尽きる」と福井大学国際地域学部の寺岡英男学部長は言う。

「地域の課題は世界共通」と語る寺岡学部長

特集「国は大学の機能ごとに重点支援」の他の記事を読む

「昨年の県内の高校卒業者は約7400人だったが、福井県内5大学すべて合わせても人文・社会科学系学部の定員は430人のみ。若年層の県外流出を食い止める受け皿として、人文・社会科学系に当たる学部が必要だという認識があった」(寺岡学部長)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内