有料会員限定

「仮想通貨」覇権争いの裏表 よみがえるビットコイン

印刷
A
A

ビットコインを筆頭とする仮想通貨が再び脚光を浴びている。吸い寄せられる企業と人、そしてリアルマネー。

東京・丸の内の東京銀行協会ビル内に「フィノラボ」という施設がある。金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を融合させるフィンテック。その分野のベンチャー企業を支援する拠点だ。

3月18日の夕刻、ここで「ブロックチェーンサービス開発の裏側」と題されたトークイベントが開かれた。聴衆の中には著名株式投資家の姿も見られた。「ウルフ村田」として知られる村田美夏氏だ。

村田氏はツイッターによる情報発信で人気を集める一方、個別株名を挙げて「資金筋が結集している」などとツイートすることから「特定の株式の買いをあおっている」とも批判される人物である。この日のお目当ては、登壇したテックビューロの朝山貴生社長だったと思われる。昨年12月以降に同社との提携を発表した企業の多くは、その直後から株価が急騰している(図1)。

[図1]
拡大する

特集「「仮想通貨」覇権争いの裏表」の他の記事を読む

価値交換の場となる取引所は要衝

株式投資家からも脚光を浴びる存在となったテックビューロはビットコイン取引所「Zaif(ザイフ)」の運営からブロックチェーン技術の開発までを行う。ビットコインは2009年に誕生した仮想通貨だ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
長期強制入院、病院への強制移送、身体拘束、薬漬け…『ルポ・収容所列島: ニッポンの精神医療を問う』驚愕のリアルを著者に聞く(第3回)
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内