有料会員限定

CoCo壱番屋 孤高のココイチここにあり! 個客適応力が支持の秘密だった

✎ 1 ✎ 2
拡大
縮小

カレー店では完全な1強だ。外食業界でも好業績が光る。一皿入魂の経営が、ハウスによる買収で再び注目を集める。

(本誌:常盤有未)

「パリパリヤサイミックス600ニカラワン!」。30代とおぼしき男性の注文を店員が読み上げる。初めて聞くと、まるで暗号だ。

数分後、大皿で届いたのは「パリパリチキン」と「野菜」をのせた、ご飯600グラムのカレー。ソースは「ニカラ」、つまり通常より2倍辛い。

別の若いカップルは男性がご飯500グラムにトンカツをのせた2辛、女性はご飯400グラムにタルタルソースをかけた4辛を注文。女性は「この前も4辛だったの」と、スマートフォンでうれしそうに撮影する。

ココイチの愛称で知られるカレーハウスCoCo壱番屋。その存在は圧倒的だ。2015年12月末現在、国内1228店(うちFC1048店)、海外152店の計1380店を展開する。ココイチの次に店舗数が多いといわれる「ゴーゴーカレー」は約70店と大きな差がある。日本および世界で最も店舗数の多いカレー屋として、13年にはギネスブックにも認定された。

従業員は注文を受けるたびに、ガスコンロ奥の寸胴(ずんどう)鍋からカレーソースを小鍋にすくい、1人前ずつ温め、手早く盛り付けていく。カツなどの揚げ物類の注文があると「揚げたてをお持ちします!」。そのつど調理するので、歯応えはサクサクだ。

関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内