有料会員限定

『湛山読本』『FIFA 腐敗の全内幕』 『おひとりさまの最期』『南シナ海』

✎ 1〜 ✎ 50 ✎ 51 ✎ 52 ✎ 最新
拡大
縮小
湛山読本―いまこそ、自由主義、再興せよ。
湛山読本―いまこそ、自由主義、再興せよ。(東洋経済新報社/400ページ)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

ふなばし・よういち●日本再建イニシアティブ理事長。1944年生まれ。東京大学教養学部卒業。朝日新聞社北京特派員、米ハーバード大学ニーマンフェロー、アメリカ総局長、コラムニスト、米ブルッキングズ研究所特別招聘スカラー、朝日新聞社主筆などを経る。

ジャーナリストによる「天下国家の記者」論

評者 早稲田大学講師 上田美和 

本書は、東洋経済新報社の創立120周年記念として出版された。第1次世界大戦と第2次大戦との戦間期を中心に『東洋経済新報』(現『週刊東洋経済』)に掲載された、同社で主幹・社長まで務めた石橋湛山の論説を、現在の同社編集部が現代語訳し、国際ジャーナリストの船橋洋一氏が解説するという2段構造になっている。

これまでにも、石橋の文章を手軽に読める本として、松尾尊兌編の『石橋湛山評論集』(岩波文庫)がある。もともと石橋の文章は、同時代のほかの人物の論説文と比べ、抜群にわかりやすい。すでに現代語訳のようなものだと、評者は個人的に思っていた。ところが以前聞いた話では、「それでも、若い人には難しいのですよね」ということだった。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内