有料会員限定

損保「仁義なき」買収合戦 英ロイズがM&Aの草刈り場に

印刷
A
A
左から東京海上の永野毅、SOMPOの櫻田謙悟、MS&ADの柄澤康喜各社長(撮影:尾形文繁、梅谷秀司)

特集「保険動乱」の他の記事を読む

損害保険のメガ3グループによる海外保険会社の買収が一気に加速している。

6月、業界首位の東京海上ホールディングスは9400億円で米大手損保HCCフィナンシャルを買収、9月には、同2位のMS&ADホールディングスが6400億円で英アムリンの買収を決めた。共に両社にとって過去最大の海外買収だ。

これらの巨額買収に霞んでしまったが、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(SOMPOホールディングス)も2014年に英キャノピアスを買収。15年にも仏の再保険大手の持分会社化の方針を発表した。後者は頓挫の可能性が高くなったが、海外事業で巻き返す構えは不変だ(図1)。

[図1]
拡大する

国際潮流は大型化 英ロイズ市場で争奪戦

「これ以上リードを許すわけにはいかない」 MS&ADやSOMPOの動きの背景には、海外事業で独り勝ちを続ける東京海上への対抗心があるのは間違いない。ただメガ損保の海外買収が過熱する理由はほかにもある。一つはグローバルな株式・資本市場からの圧力の高まりだ。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内