有料会員限定

MVNOを使い倒せ! 価格破壊の先導者

印刷
A
A
まずは認知度向上と、人気タレントなど有名人を使ったイメージ広告が多い

特集「僕らのケータイ料金」の他の記事を読む

政府による携帯料金の引き下げを待たずとも、現状でもスマートフォンを安く利用できる手段は存在する。それは格安SIM(Subscriber Identity Module:携帯電話事業者が発行する、利用者が通信サービスを受けるためのICカード)や格安スマホなどの名称で知られる、「MVNO(仮想移動体通信事業者)」が提供するサービスを活用することだ。

MVNOは、電話番号や契約者情報などを登録したSIMカードを入手し、スマホ端末に差し込むことで利用できる。大手携帯会社から回線を借りて運用しているため、大手と比べ通信エリアの広さに遜色はない。にもかかわらず、大手よりも非常に安い料金で利用できることから、ここ1~2年で急速に注目度を高めている。

安さが魅力で認知度向上

認知度も徐々に上がっている。総務省のアンケートによれば2014年度にMVNOを知っていると答えた人は、前年度に比べ約20ポイント増え約7割だった(図表1)。利用する理由に関しては「月額利用料金が安い」「初期費用が安い」が1位、2位で「安さならばMVNO」という認識が浸透しているようだ(図表2)。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
年金大改正、何歳から受け取るのがトクなのか
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内