有料会員限定

後継者は日本人が好ましい カルロス・ゴーン 日産自動車・ルノーCEO

印刷
A
A

仏ルノーと日産自動車のアライアンスが始まった1999年に日産の最高執行責任者(COO)に就任したカルロス・ゴーン社長。この16年間、両社を主導してきたカリスマを直撃した。

カルロス・ゴーン Carlos Ghosn●1954年ブラジル生まれ。ミシュランを経てルノーへ。99年に日産COO、2001年に同社社長兼CEO。05年からルノー社長兼CEO(現会長兼CEO)も務める。(撮影:尾形文繁)

特集「カルロス・ゴーン 最後の決戦」の他の記事を読む

3つの危機と比べて今ははるかに易しい

──16年間を振り返って、いちばん大変だったことは? 

いろいろあった。なにせ16年間ですからね。しかし、いちばん厳しかったのは日産のリバイバルです。再生がなければ、日産の将来も、アライアンスもなかった。

2番目はリーマンショック以降です。日産もルノーも中期経営計画、目標や予算を中断させないといけなかった。キャッシュを確保するのに一生懸命だったのです。3番目が東日本大震災です。主に日産が打撃を受けたが、ルノーも影響を受けた。ルノーも日系サプライヤーからさまざまな部品の供給を受けていますから。

来日し、日産の塙義一会長(当時)と握手するゴーン氏(撮影:尾形文繁)

──現在はいかがでしょう? 三つの危機と比べてですか? 

今ははるかに易しいですよ。経営に問題はあるが、それは通常の課題です。

──中期経営計画「日産パワー88」の達成は可能ですか。

関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内