国際ビジネス勝利の方程式 「標準化」と「知財」が御社を救う 原田節雄著

国際ビジネス勝利の方程式 「標準化」と「知財」が御社を救う 原田節雄著

長年、ソニーで商品戦略、法務・渉外を担当してきた著者は、グローバル市場で日本が低迷する理由を「技術を開発する日本人はいるけれど、事業を展開する日本人がいないから」だと喝破する。その結果、政・産・学・官すべてが国内市場だけを重視するようになり、産業がガラパゴス化したと説く。

そんな日本が国際ビジネスで勝つための方策を探る。したたかな諸外国には技術力だけでは勝てない。むしろ、駆け引きや根回しなどの政治こそが重要であり、そこでカギとなるのは「国際標準化」と「知的財産」だという。

市場獲得の要の標準化と利益獲得の源泉になる知財を、どう事業戦略に組み込むかを実践的に解説している。

朝日新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 銀河を渡るを読む
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。