二つの星 山崎光夫著

二つの星 山崎光夫著

文化勲章受章の片岡球子や大久保婦久子、さらに三岸節子など、多くの傑出した画家、工芸作家を生み出した女子美術大学(通称女子美)。1世紀を超える歴史を持ちながらも、特異な存在であるのは、世界に女子の美術大学が二つ(もう一つは米国)だけという事実に示される。

それだけ、創設以来の苦労は並大抵ではなかった。本書によれば、女子美には「二人の親がいるという。生みの親が横井玉子で、育ての親が佐藤志津」。この二人が「二つの星」となって同校の行く末を形づくった。

女性本来の力とその美しさを肯定し、芸術表現を通して社会に貢献する人材を養成する。この創設者の「魂」が、女子美の長命と実績を生み出すのに大いに貢献したようだ。

企業社会においても、長寿企業は独自のコンセプトで市場を切り拓く例が少なくない。時代の潮流に流されずに厳然として生きる創造性の実例を、本書は指し示している。

講談社 1890円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT