【産業天気図・造船・重機】円高痛いがプラントは堅調、業況感は尻上がりに改善

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

造船・重機械業界全体には円高懸念があるものの、業績改善の兆しが見え始めている。プラントメーカーから業績改善が始まり、2010年10月~11年3月は「曇り」、11年4月~9月は「晴れ」となりそうだ。

大手総合重機メーカーは、プラントなど受注品の採算が改善している。大手3社の10年4月~9月期(10年度上期)は、順調な決算だった。三菱重工業の上期の営業利益は、前年同期比2.6倍弱の645億円。火力発電や化学プラントの工事採算改善が寄与した。川崎重工業の上期営業利益は209億円(前年同期は61億円の赤字)で、新興国向け建設機械用油圧機器の好調などが貢献した。

IHIの上期営業利益は、車用過給機の好調などで同79%増の291億円となった。川崎重工とIHIは、ともに4~6月期決算発表時点に予想した上期営業利益を大幅に上回って着地している(三菱重工は上期予想を開示していない)。

ただ、3社ともに10年10月~11年3月期(10年度下期)の円高進行などを理由に、10年度通期の業績予想は据え置いている。「東洋経済オンライン」は、各社の計画はやや慎重で実際は上振れすると見ているが、下期は円高に加え、リーマンショック以前の好採算の受注案件が一巡することもあり、踊り場的状況になることはたしかだろう。

それでも、受注自体は各社とも堅調に推移しているため、回復基調は続きそうで、11年度に入ればその基調はより鮮明になりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT