【産業天気図・造船・重機】円高痛いがプラントは堅調、業況感は尻上がりに改善

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

造船・重機械業界全体には円高懸念があるものの、業績改善の兆しが見え始めている。プラントメーカーから業績改善が始まり、2010年10月~11年3月は「曇り」、11年4月~9月は「晴れ」となりそうだ。

大手総合重機メーカーは、プラントなど受注品の採算が改善している。大手3社の10年4月~9月期(10年度上期)は、順調な決算だった。三菱重工業の上期の営業利益は、前年同期比2.6倍弱の645億円。火力発電や化学プラントの工事採算改善が寄与した。川崎重工業の上期営業利益は209億円(前年同期は61億円の赤字)で、新興国向け建設機械用油圧機器の好調などが貢献した。

IHIの上期営業利益は、車用過給機の好調などで同79%増の291億円となった。川崎重工とIHIは、ともに4~6月期決算発表時点に予想した上期営業利益を大幅に上回って着地している(三菱重工は上期予想を開示していない)。

ただ、3社ともに10年10月~11年3月期(10年度下期)の円高進行などを理由に、10年度通期の業績予想は据え置いている。「東洋経済オンライン」は、各社の計画はやや慎重で実際は上振れすると見ているが、下期は円高に加え、リーマンショック以前の好採算の受注案件が一巡することもあり、踊り場的状況になることはたしかだろう。

それでも、受注自体は各社とも堅調に推移しているため、回復基調は続きそうで、11年度に入ればその基調はより鮮明になりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT