政治とカネ 海部俊樹著

生い立ちから始まり、29歳での初当選、恩師・三木武夫の教え、“三角大福”たちの確執、海部内閣誕生の経緯、さらに小沢一郎との蜜月と別れ、政界引退までをつまびらかにした、元首相による回顧録。

田中角栄には「政治は力だよ。力は数、数は金だ」と言われ、首相就任時には小沢一郎に「担ぐ神輿は、軽くてパーなヤツが一番いい」と揶揄されたことなども忌憚(きたん)なく明かしている。

比較的クリーンなイメージの著者だが、カネの呪縛から逃れられない。「必要的社会悪」と割り切り、何とか自分を納得させていたことなど、政治が決してきれい事だけでは済まないことも告白する。55年体制を動かしてきた政治の裏側が暴露される。

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?