政治とカネ 海部俊樹著

生い立ちから始まり、29歳での初当選、恩師・三木武夫の教え、“三角大福”たちの確執、海部内閣誕生の経緯、さらに小沢一郎との蜜月と別れ、政界引退までをつまびらかにした、元首相による回顧録。

田中角栄には「政治は力だよ。力は数、数は金だ」と言われ、首相就任時には小沢一郎に「担ぐ神輿は、軽くてパーなヤツが一番いい」と揶揄されたことなども忌憚(きたん)なく明かしている。

比較的クリーンなイメージの著者だが、カネの呪縛から逃れられない。「必要的社会悪」と割り切り、何とか自分を納得させていたことなど、政治が決してきれい事だけでは済まないことも告白する。55年体制を動かしてきた政治の裏側が暴露される。

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。