ユーロ 危機の中の統一通貨 田中素香著

ユーロ 危機の中の統一通貨 田中素香著

ギリシャ危機を契機に、日本でかまびすしい「ユーロ崩壊」論。その論拠は多くが「通貨は一つだが、(ユーロ加盟国の)財政はバラバラ」という根本的な問題を指摘する。これに対して。三十年余にわたり、原初時代からEU、ユーロを研究対象にしてきた著者は「危機を糧にその制度が改善され、将来一段と強い通貨に発展する」と見通す。

その展望のために、なぜ危機がここまで激発したか、危機の背後にある「リージョナル・インバランス」問題とは何か、危機の中で各国政府・欧州中央銀行・IMFはどう動き、中でもPIIGSと称されるアイルランド・南欧諸国は今後どうなるか、の問題に冷静な分析を加えつつ、ユーロの今後を考える。

岩波新書 840円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。