公共事業が日本を救う 藤井聡著

公共事業が日本を救う 藤井聡著

政府は膨大な財政赤字を抱え、公共事業悪玉論が叫ばれる中、本書はあえてその必要性を論じている。著者は土木計画学の専門家であり、道路やダム、港などのインフラや社会資本についての政策論の研究をしている。

たとえば、不要論の筆頭に挙げられる八ッ場ダムの建設に関しては、利根川の利水や治水に関して、さまざまな技術的データと環境要因などを丹念に説明しながら、その必要性を訴える。

甘い汁を吸っている業者や政治家が利権を守るためにやっているといった言説に惑わされることなく、要不要をきっちりと議論したうえで、必要なものに関しては計画的に遂行していくことが日本にとって大事だと説く。

文春新書 872円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。