ランドラッシュ NHK食糧危機取材班著

ランドラッシュ NHK食糧危機取材班著

日本で農地放棄が進む中、世界では将来の食料不足に備え、各国入り乱れて他国の農地の争奪戦を繰り広げている。その現実が執念の取材で眼前に広がる。

たとえば世界一肥沃といわれるウクライナでは、イギリス企業を筆頭に欧州・中東諸国、そして世界第2位の農耕面積のインドまでもが農地を奪い合う。

アフリカは各国の関心の的である。土地は原則として政府所有だけに交渉もしやすいらしい。マダガスカルでは大規模貸与が政府の転覆にまでつながった。中国も、タンザニアで国営地を引き継ぐなどひそかに農地を囲い込む。すでに、あるインド企業はエチオピアで東京都の1・5倍の農地を所有している。

極東ロシアの項では、広大な農地を持つニュージーランド人の肉声が収録され、韓国企業が自国政府と一体で巨大農場を建設する動きもリポートされている。

日本はどう向き合うべきか。大いに考えさせられるルポに仕上がっている。

新潮社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「合法薬物依存」の深い闇
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。