ランドラッシュ NHK食糧危機取材班著

ランドラッシュ NHK食糧危機取材班著

日本で農地放棄が進む中、世界では将来の食料不足に備え、各国入り乱れて他国の農地の争奪戦を繰り広げている。その現実が執念の取材で眼前に広がる。

たとえば世界一肥沃といわれるウクライナでは、イギリス企業を筆頭に欧州・中東諸国、そして世界第2位の農耕面積のインドまでもが農地を奪い合う。

アフリカは各国の関心の的である。土地は原則として政府所有だけに交渉もしやすいらしい。マダガスカルでは大規模貸与が政府の転覆にまでつながった。中国も、タンザニアで国営地を引き継ぐなどひそかに農地を囲い込む。すでに、あるインド企業はエチオピアで東京都の1・5倍の農地を所有している。

極東ロシアの項では、広大な農地を持つニュージーランド人の肉声が収録され、韓国企業が自国政府と一体で巨大農場を建設する動きもリポートされている。

日本はどう向き合うべきか。大いに考えさせられるルポに仕上がっている。

新潮社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
企業の成長に最も大切なものは<br>新浪剛史氏インタビュー

社員を追い詰めながら業績をひねり出すのではなく、「まずは理念の共有」が新浪流。ローソンから移って5年目、サントリーホールディングスの舵を取る辣腕経営者が、米ビーム社統合でも貫かれた「社員を大事にする経営」の神髄を語る。