ランドラッシュ NHK食糧危機取材班著

ランドラッシュ NHK食糧危機取材班著

日本で農地放棄が進む中、世界では将来の食料不足に備え、各国入り乱れて他国の農地の争奪戦を繰り広げている。その現実が執念の取材で眼前に広がる。

たとえば世界一肥沃といわれるウクライナでは、イギリス企業を筆頭に欧州・中東諸国、そして世界第2位の農耕面積のインドまでもが農地を奪い合う。

アフリカは各国の関心の的である。土地は原則として政府所有だけに交渉もしやすいらしい。マダガスカルでは大規模貸与が政府の転覆にまでつながった。中国も、タンザニアで国営地を引き継ぐなどひそかに農地を囲い込む。すでに、あるインド企業はエチオピアで東京都の1・5倍の農地を所有している。

極東ロシアの項では、広大な農地を持つニュージーランド人の肉声が収録され、韓国企業が自国政府と一体で巨大農場を建設する動きもリポートされている。

日本はどう向き合うべきか。大いに考えさせられるルポに仕上がっている。

新潮社 1575円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。