政権交代の政治経済学 期待と現実 伊東光晴著 ~期待が危惧へと変わり 第三世代の登場を待望


 菅内閣も参議院選挙の「直前に閣議決定した『経済成長戦略』で」、自民党化という轍(わだち)を踏む。「成長優位は……格差を生み、貧困を生んだ」小泉内閣の政策にほかならない。その転換を昨年8月の総選挙で望んだ有権者から見れば、菅内閣の「成長戦略」はある意味で「裏切り」だ。

現実の政策の前で期待が危惧へと変わりつつあるなかで、民主党への期待は第三世代、すなわちポスト菅内閣の世代にあると著者は言う。この第三世代こそ「親の地盤と知名度を受けついで出てくる自民党との大きな違い」だと言うのだ。そう考えると期待が現実となるためには、なお選挙の洗礼と世代交代が必要なのかもしれない。

いとう・みつはる
京都大学名誉教授。理論経済学、経済政策専攻。1927年生まれ。東京商科大学(現一橋大学)を卒業。主著に『現実のなかの経済学』『経済学は現実にこたえうるか』『ケインズ』『現代に生きるケインズ』『伊東光晴 経済学を問う』(全3巻)など。

岩波書店 1785円 194ページ

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ブックス・レビュー
  • 最新の週刊東洋経済
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT