アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ 堀内一史著

印刷
A
A
アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ 堀内一史著

アメリカ国民の約8割はキリスト教徒である。そのうち「天地創造」を信じている人たちが約8割いる。対して、「進化論」を信じる人たちは約2割だ。かようにアメリカ人は宗教的に保守である。

本書は、なぜアメリカ人が保守的なのかを、ここ100年の歴史をひもときながら解説する。さらには、1970年代以降、宗教が政治に強い影響力を持つようになった過程を分析。保守化傾向は19世紀末ごろから始まるが、時代が下るにつれ、宗教理念と政治的イデオロギーが強固に融合していく。今やリベラルなオバマ大統領さえ、宗教票を無視できない状況にある。

こうしたアメリカの宗教観が世界に何をもたらしたのかを、宗教学の専門家が問う。

中公新書 882円

  

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT