アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ 堀内一史著

アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ 堀内一史著

アメリカ国民の約8割はキリスト教徒である。そのうち「天地創造」を信じている人たちが約8割いる。対して、「進化論」を信じる人たちは約2割だ。かようにアメリカ人は宗教的に保守である。

本書は、なぜアメリカ人が保守的なのかを、ここ100年の歴史をひもときながら解説する。さらには、1970年代以降、宗教が政治に強い影響力を持つようになった過程を分析。保守化傾向は19世紀末ごろから始まるが、時代が下るにつれ、宗教理念と政治的イデオロギーが強固に融合していく。今やリベラルなオバマ大統領さえ、宗教票を無視できない状況にある。

こうしたアメリカの宗教観が世界に何をもたらしたのかを、宗教学の専門家が問う。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT