アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ 堀内一史著

アメリカと宗教 保守化と政治化のゆくえ 堀内一史著

アメリカ国民の約8割はキリスト教徒である。そのうち「天地創造」を信じている人たちが約8割いる。対して、「進化論」を信じる人たちは約2割だ。かようにアメリカ人は宗教的に保守である。

本書は、なぜアメリカ人が保守的なのかを、ここ100年の歴史をひもときながら解説する。さらには、1970年代以降、宗教が政治に強い影響力を持つようになった過程を分析。保守化傾向は19世紀末ごろから始まるが、時代が下るにつれ、宗教理念と政治的イデオロギーが強固に融合していく。今やリベラルなオバマ大統領さえ、宗教票を無視できない状況にある。

こうしたアメリカの宗教観が世界に何をもたらしたのかを、宗教学の専門家が問う。

中公新書 882円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT