安田善次郎 果報は練って待て 由井常彦著

安田善次郎 果報は練って待て 由井常彦著

明治金融史の主役であり安田講堂で知られる安田善次郎の伝記は数冊あるとはいえ、戦前の重要資料『安田善次郎全伝』『同伝記資料』ばかりでなく、ほとんど利用されずに保管されていた善次郎の「手控(てびかえ)」や「日記」という原資料を駆使したことで、安田財閥研究の第一人者による屈指の善次郎伝が生まれた。個人的な手書き文書を読み解くのはたいへんな難事だったろうが、それだけに新たな事実、特に善次郎の行動と決断の背後にあるものが明確になった。

商人としての立身出世がせいぜいだった男が、日本を代表する銀行家として政財界から頼りにされるところまで上り詰めるまでの生き様、家族関係、事業推移。その記述は詳細を極めるが、全国各地の銀行救済での活躍ぶりが堅実無比の自行経営の手法と一体であるくだりは重要だ。製釘、紡績、造船など、工業部門での悪戦苦闘の跡をたどっているのも、人間味を浮き彫りにして興味深い。(純)

ミネルヴァ書房 3150円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。