世界で勝てるデジタル家電 西田宗千佳著

世界で勝てるデジタル家電 西田宗千佳著

デジタル家電分野での躍進が著しいアップル。それに比して、日本の家電メーカーはかつての勢いを失ってしまった。本書は、携帯電話、3Dテレビ、ゲーム機など、デジタル家電の最前線の取材から、その違いを探ったもの。

決して技術では劣らないのに日本企業が勝てないのは、主にマーケティング戦略にあるという。たとえばiPadなら、パソコンとも携帯電話とも違う新たな市場を開拓したこと、あるいは性能はそこそこでも短期間に安価で大量生産できる方法を確立したことなど、発想の転換が挙げられる。

デジタル全般に精通する著者は、世界を視野に入れ戦うことが、メード・イン・ジャパン復活のカギだと説く。

朝日新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。