企業買収の裏側 M&A入門 淵邊善彦著

企業買収の裏側 M&A入門 淵邊善彦著

М&Aは、ライブドア事件や海外のハゲタカファンドなどの印象から、マイナスイメージでとらえられがちだ。

しかし、弁護士として多くのМ&A案件を手掛けてきた著者は、不況突破の糸口として、あるいはグローバル競争の生き残り策として、適切なМ&Aが突破口を開いてくれる可能性を示唆する。さらには円高の現在は、海外の優良企業を格安で手に入れるチャンスだとも強調する。

本書は、何かとわかりづらい企業買収の過程を「結婚」になぞらえながらわかりやすく解説。企業にとって特効薬とも劇薬ともなるМ&Aを、昨今話題となった企業の成功例、失敗例を引用しながら、具体的なイメージを伴った身近なものとして紹介する。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT