企業買収の裏側 M&A入門 淵邊善彦著

企業買収の裏側 M&A入門 淵邊善彦著

М&Aは、ライブドア事件や海外のハゲタカファンドなどの印象から、マイナスイメージでとらえられがちだ。

しかし、弁護士として多くのМ&A案件を手掛けてきた著者は、不況突破の糸口として、あるいはグローバル競争の生き残り策として、適切なМ&Aが突破口を開いてくれる可能性を示唆する。さらには円高の現在は、海外の優良企業を格安で手に入れるチャンスだとも強調する。

本書は、何かとわかりづらい企業買収の過程を「結婚」になぞらえながらわかりやすく解説。企業にとって特効薬とも劇薬ともなるМ&Aを、昨今話題となった企業の成功例、失敗例を引用しながら、具体的なイメージを伴った身近なものとして紹介する。

新潮新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。