【産業天気図・放送・広告】エコカー補助金打ち切り、円高など不安要素が多い、景況感は「曇り」で足踏み


 実は二極化しているのは広告代理店も同じ。業界断トツ首位の電通はサッカー・ワールドカップの効果もあって、売上高は前年同期比9.4%増の4169億円、営業利益は前年同期比約5倍の69億円を稼いだ。ところが、2位の博報堂DYホールディングスの売上高は0.9%減の2123億円で17億円の営業赤字。3位のアサツー ディ・ケイ(ADK、決算期は10年1~6月期)も売上高は5.1%減の1684億円で14億円の営業赤字を計上しており、同社は早期退職の募集をしなければならないほどに苦しくなっている。
 
 利益面で苦戦する会社にとって、10年10月~11年3月期の回復に期待したいところだが、ここにきて不安要素が次々に出てきている。もともと下期はエコカー補助金が9月末で打ち切られ、自動車業界からの出稿が減るのではないか、というのが懸念材料だった。だが、ここに来て追い打ちをかけているのが円高。大手広告主である自動車や電機などの輸出企業の企業業績が悪化すれば、広告出稿が一気に底割れする可能性がある。さらに前年同期はバンクーバー五輪という大きなイベントがあったが、今期はそれに匹敵する規模のものはない。

当面は月次のスポット、タイム次第で一喜一憂する局面が続きそうだ。
(中島 順一郎=東洋経済オンライン)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。