あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの 菅伸子著

あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの 菅伸子著

菅直人・第94代内閣総理大臣の夫人が、総理の知られざる人間像をつづった。

夫からは「家庭内野党」と呼ばれ、自身「日本一うるさい有権者」と称する著者が、二人のなれ初めから、市民運動にかかわりながら弁理士として働いていた夫との当時の暮らし、三度の選挙落選の後、国会議員として初当選した頃のこと、首相夫人になって劇的に変わった生活など、40年連れ添った夫との関係を赤裸々に語っている。

首相は、初選挙で落選した頃から、自民党に代わる政党を作って政権交代したいと語っていたという。その思いは遂げられたわけだが、先の参議院選挙で民主党が敗れ、本書の表題が詰問調になるのは避けられそうもない。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。