あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの 菅伸子著

あなたが総理になって、いったい日本の何が変わるの 菅伸子著

菅直人・第94代内閣総理大臣の夫人が、総理の知られざる人間像をつづった。

夫からは「家庭内野党」と呼ばれ、自身「日本一うるさい有権者」と称する著者が、二人のなれ初めから、市民運動にかかわりながら弁理士として働いていた夫との当時の暮らし、三度の選挙落選の後、国会議員として初当選した頃のこと、首相夫人になって劇的に変わった生活など、40年連れ添った夫との関係を赤裸々に語っている。

首相は、初選挙で落選した頃から、自民党に代わる政党を作って政権交代したいと語っていたという。その思いは遂げられたわけだが、先の参議院選挙で民主党が敗れ、本書の表題が詰問調になるのは避けられそうもない。

幻冬舎新書 798円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT