通貨で読み解く世界経済 ドル、ユーロ、人民元、そして円 小林正宏、中林伸一著

通貨で読み解く世界経済 ドル、ユーロ、人民元、そして円 小林正宏、中林伸一著

円高が進む。ソブリンリスクがユーロや金融市場を揺さぶる中、日本は財政規律を保ちながら、為替や金融の安定を維持していくためにどのような対応をとるべきか。

現在日本が財政危機に陥らずに済んでいるのは、本書によれば、市場で(1)経済の実力が評価され、(2)財政規律に対する信認が維持されているからだ。信認の持続には、成長戦略をとるとともに、財政赤字を着実に縮減する必要がある。根強いデフレには非伝統的な手段も用いて、金融仲介機能を高めることも大事だ。

通貨を主軸にして、複雑に絡み合う実体経済、財政金融政策との三つどもえの関係を歴史を踏まえて読みほどき、世界経済の持続的成長のために何をなすべきか考える。

中公新書 924円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT