一週間 井上ひさし著

一週間 井上ひさし著

4月に亡くなった筆者の最後の作品。シベリアへ送られ日本語新聞の発行に携わるよう命じられたロシア語ぺらぺらの元左翼・小松修吉が、収容所のロシア人相手に機知を駆使して縦横無尽に対峙する奇想天外な物語だ。戦時下日本での非合法地下活動、非合理な抑留生活の哀歓、そして脱走軍医が手に入れたレーニンの驚愕の手紙をめぐってソ連幹部と主人公が巻き起こす虚虚実実の「6日間」は息つく暇もない。

日本の特高やスパイ、ソ連の不可侵条約無視、収容所で多くの兵士を死に追いやった旧日本軍下級将校たち、ロシアの教条主義や少数民族問題など深刻で重いテーマが、上質のユーモア、エスプリ、ギャグ…の笑劇に変身する。秘めた怒りが笑いという甘味料をまぶされるとき、それが深い問題提起となるのは井上作品の特質だが、今回も極上の1週間をたっぷり楽しめて、かつ何かが残った。最後は、紙面から作者の楽しげな顔が浮かんでくる。(純)

新潮社 1995円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT