産業リサーチ(外食) 自由市場ゆえ激しい浮き沈み、新業態開拓狙いM&Aも

規制もなければ参入障壁もなし。外食産業は群雄割拠の世界である。しかも、はやりすたりが早い。前期まで増益を続けていた企業が、今期いきなり赤字転落という事態も珍しくはない。
 業態別に、まずはハンバーガー。国内最大の外食企業、日本マクドナルドホールディングスが君臨しているが、価格政策の失敗もあり、同社は2002年度に赤字転落。本格回復には時間がかかりそうだ。居酒屋・パブ業態は浮き沈みが最も激しい。かつての人気チェーン「天狗」を展開するテンアライドは老朽店対策に追われているし、つい最近まで行列ができていたワタミフードサービスの居食屋「和民」も、今や既存店売り上げの大幅減に苦しむ。むしろ昨今は、チェーン店に代わって店舗作りにこだわった個人経営の店が「旬」だ。
 西洋料理業態を支えているのは、すかいらーく、ロイヤル、デニーズジャパンのファミレス御三家。ただ、この業態も競争が厳しく、各社とも既存店売り上げはマイナス。新規出店効果で何とか増収を維持している。今や日本の国民食ともいわれるラーメン・餃子だが、大規模にチェーン展開している企業は意外と少ない。そんな中、ラーメン一杯三九〇円の幸楽苑、ハイデイ日高が健闘している。 
 日本料理・寿司分野では、消費低迷で全体が苦戦する中、全皿100円寿司のカッパ・クリエイトが最高益を更新中。喫茶店分野でも、全体のパイが伸び悩む中、低価格チェーンのドトールコーヒーが最高益更新を継続している。一方、エスプレッソブームを巻き起こしたスターバックス コーヒージャパンは、出店計画を急ぎすぎ赤字転落となってしまった。
 外食業界も、創業者からの世代交代の時期を迎えており、それにつれて再編機運が盛り上がっている。その台風の目となっているのが牛丼チェーンの「すき屋」を展開するゼンショーだ。ココス、ウェンディーズ、ビッグボーイを立て続けに買収。うどんの「久兵衛屋」を出店する大和フーヅへの資本参加など、M&Aの台風の目となっている。業態を新たに開発するよりは買収したほうが早い、というスピード重視の戦略から、M&A攻勢に出る会社はこれから増えそうだ。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT