事故が増加する電動キックボードの新たな活路

アウトドアを通して別視点から楽しさを提案

販売モデルの仕様(SWALLOW)

電動キックボードのハイエンドモデルとして開発されたゼロ9は、定格出力600Wの高トルクモーターと624Whの大容量バッテリーを搭載し、最高速度40km/h、航続距離40kmを発揮する。バッテリーの充電は、専用の充電アダプターを用いて家庭用コンセントから可能。金氏によれば、「フル充電にかかる電気代はおよそ15円と、ガソリン車と比べて圧倒的に経済的」だという。

アウトドアやレジャーでの利用を提案

電動キックボードは、原付1種と同じなので、公道で出せる速度は、道路交通法で30km/hまでと決まっているが、出力に余裕があるため、急な坂道などでもストレスなく走ることができる。これはアウトドアでも同じで、キャンプ場などのアップダウンが多い道路を移動する場合も、スイスイと楽に走行することが可能だ。また、サスペンションを備えるため、ある程度の未舗装路であれば、十分に安定して走ることもできる。

折りたたんでハリアーに載せた状態(筆者撮影)

コンパクトに折りたたむことができる点も、ゼロ9がアウトドアなどのレジャーにも使いやすい要素のひとつだ。車体サイズは、全長1100mm×全幅200mm×全高1130mmだが、折りたたむと全高は390mmとなる。そのため、クルマのラゲッジスペースなどに収納することが可能だ。実際、今回の同社ブースでは、折りたたんだゼロ9をトヨタ「ハリアー」の後部荷室に収納しているデモ展示を実施。車両重量も19.6kgと比較的軽量のため、大人であれば積み下ろしもさほど苦労しないだろう。

電動キックボードといえば、一般的には都市部で利用するイメージが強い。だが、スワロー代表の金氏によれば、「最近は(ゼロ9を)アウトドアのレジャーで使うことを前提に購入するユーザーも増えてきた」という。ゼロ9は発売して約2年。最近は、徐々に製品が認知されてきたこともあり、月に50台程度を販売するという。同社では、今回のようなアウトドア系イベントにブース出展した理由を、「新たな電動キックボードの魅力を伝えることで、需要をより伸ばしたい」ためだという。

次ページ問題になっている安全面の不安は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • 病やがんと向き合う心のつくり方
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT