日本一安全なレンタル用キャンピングカーの裏側

乗りなれていない人でも安心できる配慮が満載

クレステッド アイビスは、いすゞの北海道試験場にあるテストコースで、実走試験も行う(筆者撮影)

その点、ビーカムは、設計が新しいこともあり、近年の重いキャビン部にも十分対応する。また、サスペンションは、いすゞが専用チューニングを施し、リアにはダブルタイヤ、より強力な前後ブレーキなどの採用により、安全性は抜群だ。

また、サクラとクレステッド アイビスは、いすゞの北海道試験場にあるテストコースで、実走試験も実施。NTBが生産したあとは、いすゞで予備車検も行うことで、安全性に関する徹底したチェックも行われる。さらに納車やメンテナンスは、いすゞのディーラーが行い、アフターフォローも万全だ。いすゞの強力なバックアップがあることも、NTB製キャンピングカーの大きな強みだ。

販売価格やレンタル事業について

車体サイドに記されたクレステッド アイビスのロゴ(筆者撮影)

NTBでは、クレステッド アイビスを使い、自社で新たにレンタル事業も開始する。拠点は、2021年10月30日にオープンした「日本特種ボディー 東京ソラマチ(R)ショールーム」だ。東京都墨田区にある大型商業施設の東京ソラマチ(R)イーストヤード5階に作られた同ショールームでは、キャンピングカーのシェル(車両後部などの居住空間)を配置して、その内装や装備品を気軽に見学できるなど、同社キャンピングカーをアピールする展示を行っている。クレステッド アイビスのレンタルサービスは、現在、基本的には2泊または5泊限定で、貸し出しは月曜と金曜のみ。料金はレギュラーシーズンの2泊3日で9万2400円からとなる。

蜂谷氏は、「しっかりとした車両メンテナンスや、ホテルのようなきれいな清掃など、質の高いサービスが特徴」だという。また、高い安全性を持つクレステッド アイビスを業界に投入することで、「日本から危険なキャンピングカーを減らすことに貢献したい」と語る。同社の新たな試みが、キャンピングカーのレンタル業界にどんな影響を与えるのか、今後が注目される。

この記事の画像を見る(34枚)
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT