ペプシコ4~6月期売上高過去10年で最大の伸び

レストラン、スタジアムなどで飲食再開追い風

米飲食品大手ペプシコは4-6月(第2四半期)の売上高が少なくとも過去10年で最大の伸びとなり、通期の利益見通しを引き上げた。レストランやバー、スタジアムで飲食を再開する動きに支えられたほか、チップスの消費も好調だった。

13日の同社発表によると、第2四半期の売上高は買収や為替変動を除いた本業ベースで13%増の192億ドル(約2兆1200億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均は179億ドルだった。

利益は一部項目を除いたベースで1株当たり1.72ドル。アナリスト予想平均は1.53ドル。同社は通期の1株当たりコア利益見通しを為替変動を除いたベースで11%増に引き上げた。

新型コロナウイルス対策の制限措置が引き続き一部市場の重しとなったが、四半期ベースの売上高は北米でのスナック部門「フリトレー」や飲料部門を含め、全ての主要地域で増加した。一方、北米の「クエーカー・フーズ」部門では本業ベースの売上高が14%減少した。自宅外で朝食をとる人が増えたことが響いた。

原題:PepsiCo’s Sales Jump Most in a Decade as Eateries Reopen (3)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Brett Pulley

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT