北尾吉孝・SBIホールディングスCEO--ネットとリアルをうまく融合させていく

北尾吉孝・SBIホールディングスCEO--ネットとリアルをうまく融合させていく

SBIグループの金融戦略が、インターネットを主軸としていくことには、今後も変わりがない。

ただ、住宅ローンや生命保険などのように金額が大きかったり、投資信託をはじめとして複雑でリスクが高い金融商品については、「人を介して買いたい、説明を聞きたい」というニーズはある。高齢者層を中心に、パソコンや携帯電話などのITを投資に十分に活用できない投資家もいる。

これに対応して、会計士などの仲介業者を活用したリアルの店舗を、本格的に拡大していくことにした。

中でも「SBIマネープラザ」の看板を掲げる店では、証券の分野に限らず、あらゆる金融商品を取り扱う。すべての金融商品を一括提供できるのは、非常に使い勝手がよいはずだ。街の中にある店舗は広告塔の役割も果たす。

日本は欧米に比べ個人金融資産の貯蓄率が高く、投資商品を拡販していく余地がまだまだ大きい。当社グループはネットとリアルをうまく融合させ、ニーズを取り込んでいく。米国の証券会社で、ネットから対面へと展開しているチャールズ・シュワブのようなスタイルをイメージしている。

大手証券はあらゆる主要都市の目抜き通りに、不動産を自ら借りて店を構えている。対する当社グループの店舗展開は、直営23店を除いて、ほとんどがフランチャイズチェーン方式となるため、コストは安い。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT