M&Aを加速するドトール・日レス、伸び悩む本業を補完

M&Aを加速するドトール・日レス、伸び悩む本業を補完

ドトール・日レスホールディングスは、5月に子会社ドトールコーヒーを通じてユニマットグループのカフェ、レストラン計42店を買収する。主力のカフェやパスタ専門店が伸び悩む中、M&A(企業の合併・買収)戦略の加速によって業容を拡大する。

「東洋経済オンライン」は、ドトール・日レスの11年2月期業績予想について、暫定ではあるが3月中旬発売の「会社四季報」春号から、今回の買収効果を上乗せした表記の予想に修正する。4月中旬の本決算発表後に、改めて数値を見直す。

ドトールコーヒーは、ユニマットグループのユニマットキャラバンから、高級カフェ「カフェミラル」23店舗とパリのティーサロンをイメージした「ニナスカフェ」11店舗を譲り受けるほか、ユニマットクリエイティブが展開するカフェ・レストラン「オーバカナル」8店舗も買収する。買収価格は計22.6億円の予定で、決済方法については、現在協議中という。

買収する42店の2009年3月期業績は、売上高が42.74億円、経常利益で3.19億円だった。来11年2月期の店舗数は現状とほぼ横ばい程度か、やや純減する見込み。既存店も消費不況の影響で軟調な展開が予想されるため、売上高は30億円強、経常利益は1.5億円程度になるもよう。また、本買収に伴ってのれん代が3億円強発生する。10年定額で償却するため、来期は3000万円強の損益悪化要因となる。

ドトール・日レスホールディングスは、09年10月にパン屋を運営するサンメリーを買収するなど事業の多角化を進めている。同年8月には韓国のコーヒー飲料事業にも参入しており、海外展開にも意欲的だ。

背景には、主力のカフェ「ドトールコーヒーショップ」、パスタ専門店「洋麺屋五右衛門」の伸び悩みがある。今回の買収では、物流の共有化等によるコスト面の改善のほか、既存業態が同事業のノウハウを吸収することで、顧客層の裾野拡充にもつなげる方針だ。
 
(二階堂 遼馬)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2009.02  103,967 9,429 9,849 4,038
連本2010.02予 100,300 8,890 9,330 4,240
連本2011.02予 103,800 9,000 9,500 4,310
連中2009.08  51,794 5,051 5,248 2,514
連中2010.08予 54,000 4,950 5,200 2,370
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2009.02  80.1 26 
連本2010.02予 84.1 26 
連本2011.02予 85.5 26 
連中2009.08  49.9 13 
連中2010.08予 47.0 13 
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT