唐沢寿明の足を引っ張る「24JAPAN」の大迷走

もはやネットニュースさえ茶化さない有様

ここのところ、唐沢は「海外ドラマ原作」という呪縛にとらわれている。2019年はアメリカの原作『グッドワイフ』(TBS)と、韓国の原作『ボイス 110緊急指令室』(日テレ)に出演。どちらも原作の人気は高く、評判もすこぶるよかった。

数年前からNetflixやAmazonプライムなどの契約者が増え、海外ドラマも新作から古典まで手軽に見られる。「制約をうけた中途半端な日本版を観るくらいなら、面白い原作を見る」人が増えている中で、あえて挑む「無鉄砲」。唐沢にもその気質があるのだろう。厳しい状況にあえて自分を追い込む、みたいなことを本人も述べていたので、イヤイヤ徴兵されたのではなく志願兵だとわかる。

それにしたって一世を風靡した古典名作のリメイクは難しい。時代に関係なく、普遍性のある人間ドラマならばまだしも、勢いと臨場感と時間制限という特性のある『24』は、原作に忠実にすれば既視感、オリジナル要素を加えれば蛇足と言われる。残念ながら今期は「視聴率爆死ドラマ」に認定されてしまった。この責任は主演の唐沢ひとりが背負わされるものではない。テレビ局がなんとかしないとね。

そういえば、織田裕二もフジで『SUITS』をやっていた。しかもシーズン2まで。あっちはあっちで「軽妙洒脱なエリート弁護士モノ」のはずが「友近&なだぎ武臭のするシチュエーションコメディー」に成り下がってしまったという問題を抱えており、海外ドラマ原作には高くて大きな壁があるのだと改めて痛感。

「適役」に恵まれた90年代から2000年代

話を唐沢寿明に戻そう。今は「海外ドラマ原作でうっかりとばっちり期」だが、歴史をさかのぼると彼の魅力を再発見できるはずだ。「唐沢と言えばどのドラマ?」の問いに、必ず登場するのが『愛という名のもとに』(1992年・フジ)である。

政治家の息子だが誠実な人柄で、親友・チョロ(中野英雄)からは「一点の曇りもない憧れの存在」と慕われる。「涼しげで黒目がち」の目は、確かに適役だった。

90年代の唐沢は、恋愛至上主義のフジテレビでかなりの活躍を見せた。カタブツエリートや正義の味方を演じる一方で、やさぐれたお調子者という役どころも淡々とこなした。何でもできるマルチ俳優であると同時に、器用貧乏のイメージもある。

次ページ2000年代は「昭和の大作御用達期」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT