農協との「30年戦争」岡本重明著

農協との「30年戦争」岡本重明著

愛知県で農業生産法人を設立し企業として農業を経営している著者は、現在の農協は組織の温存ばかりを優先させて農業の発展を阻害する「抵抗勢力」だという。

農業の惨状を招いた原因は目先の補助金頼みの農家はもちろん、票目当てのバラまき政策を講じてきた政治家に責任がある。

が、何よりも不勉強、無策、新しい試みにはことごとく背を向けてきた農協こそ最大の元凶であると手厳しい。

プロ農家として年商1億円を超えるまでに成長する過程で、どれだけ農協と衝突し邪魔をされてきたか、30年にわたる農協との戦いを怒りをもって告発。一方で、経営手法さえ工夫すれば農業は産業として十分成り立つと、ニッポン農業の未来を展望する。

文春新書 735円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。