欲しがらない若者たち 山岡拓著

欲しがらない若者たち 山岡拓著

現代の若年層の意識や行動、消費動向の変化とその背景を、直近10年ほどに日経産業地域研究所が実施した消費者向けアンケートの結果や、若者へのインタビューなどから探ったもの。

そこから導き出されるのは高度経済成長期やバブル経済のころと比べて、今の若者たちに物欲が乏しくなっていること。つまり、消費をしないのだ。自動車やブランド品、ハイテク機器も欲しがらなければ、お酒も飲まず、旅行もしない。恋愛にも淡白。こんな若者が増えているという。

それは、不透明なこの国の行く末を冷静にとらえた結果でもある。こうした価値観を持った彼らをどう消費に取り込んでいくのか。経済社会の新たな課題が見える。

日経プレミアシリーズ 893円

  

関連記事
トピックボードAD
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • フランスから日本を語る
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。