欲しがらない若者たち 山岡拓著

欲しがらない若者たち 山岡拓著

現代の若年層の意識や行動、消費動向の変化とその背景を、直近10年ほどに日経産業地域研究所が実施した消費者向けアンケートの結果や、若者へのインタビューなどから探ったもの。

そこから導き出されるのは高度経済成長期やバブル経済のころと比べて、今の若者たちに物欲が乏しくなっていること。つまり、消費をしないのだ。自動車やブランド品、ハイテク機器も欲しがらなければ、お酒も飲まず、旅行もしない。恋愛にも淡白。こんな若者が増えているという。

それは、不透明なこの国の行く末を冷静にとらえた結果でもある。こうした価値観を持った彼らをどう消費に取り込んでいくのか。経済社会の新たな課題が見える。

日経プレミアシリーズ 893円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。