不幸な国の幸福論 加賀乙彦著

不幸な国の幸福論 加賀乙彦著

現在の日本を取り巻く環境から将来への展望を見出すことが困難なのは、誰もが認めるところだろう。ではなぜ、この国は希望を失ったのか。精神科医で心理学者でもある著者は、「日本人は自ら不幸の種まきをし、幸福に背を向ける国民性を有しているのではないか」と分析する。

戦後、経済成長を最優先にしてきた日本の社会構造の中で置き去りにされたもの、忘れ去られたもの、遠ざけてきたもの、それらのツケが回ってきた果ての「リッチな国の不幸な国民」であると。

しかし、不幸を分析するだけでは終わらない。どう脱却するか。他者との比較から抜け出し、競争、評価などを気にせず、自分らしく生きるための幸福論も展開する。

集英社 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT