不幸な国の幸福論 加賀乙彦著

不幸な国の幸福論 加賀乙彦著

現在の日本を取り巻く環境から将来への展望を見出すことが困難なのは、誰もが認めるところだろう。ではなぜ、この国は希望を失ったのか。精神科医で心理学者でもある著者は、「日本人は自ら不幸の種まきをし、幸福に背を向ける国民性を有しているのではないか」と分析する。

戦後、経済成長を最優先にしてきた日本の社会構造の中で置き去りにされたもの、忘れ去られたもの、遠ざけてきたもの、それらのツケが回ってきた果ての「リッチな国の不幸な国民」であると。

しかし、不幸を分析するだけでは終わらない。どう脱却するか。他者との比較から抜け出し、競争、評価などを気にせず、自分らしく生きるための幸福論も展開する。

集英社 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。