へいしゅうせんせえ 童門冬二著

へいしゅうせんせえ 童門冬二著

上杉鷹山(ようざん)(治憲(はるのり))といえば財政難で破綻寸前だった米沢藩を藩政改革と藩士たちの意識改革によって見事救った名藩主であり、人物伝も多数存在する。

四半世紀前いち早く『小説上杉鷹山』を上梓した著者が、鷹山の師でもあった細井平洲(へいしゅう)を主役に据えて執筆した自家薬籠中の小説である。鷹山や藩士たちも主役同然に登場し、旧著と重なる史実が多いとはいいながら、「教える側」からの視点はなかなかに興味深い。

経営者やミドルが部下をどのようにその気にさせるか、話に引き込ませるにはどうしたらいいか、など話術の神髄を平洲から巧まずして学ぶことができる。しかもテクニックにとどまらず、心の問題としての教訓がちりばめられている。不況脱出、経営再建に参考とすべきヒントが随所にあるのも鷹山本ならでは。

連載を単行本化したせいか終章近く話に若干の矛盾がなくはないが、うっかり読み過ごせない話が、よどみなく展開される。(純)

潮出版社 1785円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT